arts,books,culture

騎馬オペラ、ジンガロ初来日公演 “ルンタ−風の馬”


zingaro薄暗い空間に香の香りが広がり、地底から響き渡るようなチベット僧侶の読経の声、そして宗教的儀式を想わせる地面拝伏を繰り返す人達の動き・・・ 東京都現代美術館に隣接する木場公園の中に特設されたシアターに足を踏み入れた時の情景だ。 人間の感性に訴えかけ、魂から揺さぶるかのような演出。かれこれ20分くらいの時が流れ、粛々と開演となるのである。(開演直前に入った場内アナウンスの声のトーン、素人っぽい原稿の読み方が、折角すでにその世界に入り込んでいた者を現実に引き戻すことになり、唯一残念だったことだが・・・)

ジンガロは1984年主宰者バルタバスによって旗揚げされ、パリ郊外のオーベルヴィリエを拠点に、ヨーロッパ各地を始めニューヨークやロサンゼルス、モスクワで公演をし、その独創性と高い芸術性で評価を得ている。 アジアでは初めてとなる今回の公演は、“ルンタ−風の馬”と題された作品で、バルタバスとインド・ギュートゥ僧院のチベット僧侶達との出会いにより生まれた壮大なスペクタクルだ。

直径30メートルにおよぶ円形のフィールド中央には、半透明のドームが設えてあり、柔らかなライトにより浮かび上がる一人の少女とそばに佇む一頭の白馬、ゆっくりとしたテンポで始まる。 そしてそのスピードは次第に増していき、猛スピードで馬が駆け抜ける風を受けたとき、あたかも大草原にいるかのような錯覚を覚えた。

手綱がある訳でもないのに、馬は前へ後ろへ、横へ斜めへとステップを踏み、その動きは、人に操られているのではなく人の心を見通して自発的に動いているかのように見える。 人が馬上で繰り広げる数々のパフォーマンスは息をのむ美しさだ。 かなりのスピードで動いているにも拘わらず、何故か彫刻のような美しさだった。 人と馬が完璧に融合して生まれるポエティックで、どこかエロティックでもある美しさ・・・ その美しさに僧侶達の奏でる音楽が相まって、言葉では表現できないほどの感動を覚えた。 まさに人と馬とが織りなす究極の芸術だ。 

どうしてあれほどまで人と馬が一体になれるのだろうか。 動物と言っても馬は特別な生きものなのだろうか。 イヌ一匹なかなか思い通りにならない者にとっては羨ましい、いや尊敬に値することだ。 もちろん彼らは騎手として一流であり、優れたテクニックを有しているには違いないが、あのパフォーマンスを目の当たりにして技術を超える何かを感じた。 後日いくつかのバルタバスのインタヴュー記事を読んで納得した。 ベースにあるのは騎手と馬との信頼関係なのだと。

「愛情を持って丁寧に馬を扱い、馬に対して一種の尊敬の念を抱く者にとって、馬はそれ相応のものを返してくれます。 命令的な態度や高圧的な調子で馬に対応すれば、馬は命令に従うだけのことしかしませんし、時には反抗的な態度をとったりもします。 馬の気持ちに耳を傾け、馬の可能性を一緒に探るとき、騎手と馬の心は通い合い、どちらが主役でもない相互的な関係が生まれ、観客はもちろん、馬や騎手にとっても誠に感動的な瞬間が出現します。」バルタバス
(会場にて配布されたリーフレット『馬と人とのかかわりについて』より引用)

馬と犬は異なる性質のものかも知れないが、このバルタバスの言葉に接して、以前読んだ三浦健太著『犬の頭がグングンよくなる育て方』で著者が犬の心を理解し、犬に信頼される飼い主になること、犬と人との心の繋がりを説いていたのを想い出した。 いろいろなトレーニング法はあっても、最後に行き着く人と動物との繋がりは信頼関係なのかもしれない。

 

ジンガロ日本公演公式ホームページ

<DVDをお探しの場合>
zingaro騎馬オペラ・ジンガロ / ルンタ
騎馬オペラ・ジンガロ/トリプティック

騎馬オペラ・ジンガロ 傑作集DVD-BOX

MORE ARTS, BOOKS, CULTURE...                      home

*あなたは「大好きだよ!」って伝えていますか?(06.8.24)NEW!!

*映画『狩人と犬、最後の旅』を観てから読むか、読んでから観るか….. (06.8.11)NEW!!

*いつものしあわせ、いつもいっしょ(がイイナ)...<ミヤモトヨシコ イラストレーション展>(06.4.10)
*“花菱” という衝撃!! <写真展「花菱 -BARKS-」>(06.1.29)
*フォトグラファーとイヌの間に存在する特別な空気感...<ファッションフォトグラファー奥村康人のイヌのポートレート>(05.11.25)
*“Day of The Dachshund” Jim Dratfield - 秋の夜長を楽しむ、癒しの一冊(05.10.13)
*ART UP DECO TOKYO - 気軽にアートを手にしよう!!(05.6.18)
*幸せを運んでくれるブルードッグ?!(05.5.2)
*騎馬オペラ、ジンガロ初来日公演 “ルンタ−風の馬”
*ファッション写真集 “FASHION PHOTOGRAPHS William Wegman”

*DOG PICTURE BOOK REVIEW!!『イヌの絵本』いろいろ - stylish-dog.com selection -(随時更新)NEW!!

 

mascotこのサイトへのご意見は...

endtitle

Copyright (C)2005-2006 stylish-dog.com All Rights Reserved.